日野市『黒川清流公園』の自然、湧水、用水、散策マップ、楽しいなんでもコーナーetc
を掲載,黒川清流公園の自然や四季折々を紹介しています。


☆ T O P ☆


黒 川 清 流 公 園 徒 然 雑 記
ようこそ!僕ケロちゃんです!

下記 目次

ケロちゃんマークをクリックしてごらん下さい。

『日野市の鳥』カワセミです。

黒川清流公園で時々観察できます。

『みどりと水の郷』 日野市へお出かけください。
  ようこそ!07/18関東以西で生息していたラミーカミキリを黒川清流公園で始めて観察しました。表紙写真一部更新。『湧水白濁枯渇問題』続報7を掲載、目次からご覧ください。なんでもコーナー最新版は《豊田湧水の花ミクリ・特集》です。《水辺の樹ハンノキは黒川清流公園のシンボルツリー!(pdf)2019/06/08掲載》目次からご覧ください。今は花の少ない時期ですがアジサイ、ヤブミョウガ、ヤマユリ、ミズヒキ、アキノタムラソウ、ホタルブクロなどが咲いています。セミの声はこれからです。カシラダカ、ウグイス、シジュウカラ、エナガ、ツグミ、キセキレイ、コゲラ、アオゲラ、ヤマガラ、カワセミなどが観察できます。どうぞ現地へもお出かけください。(2019/07/18)

   2018/03/01    


あなたは カウンター 人目の訪問者です。




>


目   次

黒 川 清 流 公 園 徒 然 雑 記


◎日野市環境基本計画推進会議みどりグループが実施した日野市民が選んだ『残したい緑、好きな緑』第一位。

  日野市市制50周年記念事業、市民が選んだ『水辺のある風景50選』でも第一位に選ばれました。(2013年実施)。

  両方の作成に参加しました。日野市ホームページに掲載、下記リンクでご覧ください

◎『東京都の緑地保全地域』、『環境省の特定植物群落』、『日野市の植生重要自然地域』に指定されています。

◎湧水、湧水の池、せせらぎ など水が豊富で『東京の名湧水57選』に選定されています。

◎樹木、野草などの植物、野鳥、昆虫、水生動物など生態系が豊富で自然観察に最適です。

◎日野市の自然保護活動の発祥の地(清水谷池)です。(なんでもコーナー参照)

◎黒川清流公園の緑と水が守られているのには市民運動の力も大きく影響しています。

◎カワセミハウス(あずまや池近接)で日野市や黒川清流公園の環境情報が得られます。綺麗なトイレも設置されています。

◎豊田駅から大池まで約1km徒歩15〜20分位と近く、子供、大人、家族で楽しめます。

◎水道、トイレ(共用)が設置されています。「わきみず池」から2分の所にスーパー(売店)があります。

最初にプロローグをご覧ください。
黒川清流公園てくてくマップ(pdf)
手づくりマップです。プリントアウト
してご使用ください。
2011年11月作成、2018年10月改訂。

黒 川 清 流 公 園 の四季

黒川清流公園&豊田てくてくマップ(pdf)
手づくりマップです。
プリントアウトしてご使用ください。
2011年12月作成、2018年10月改訂

黒 川 清 流 公 園 について

黒 川 清 流 公 園 について

黒川清流公園&周辺
・昭和のアルバム

水辺の樹ハンノキは黒川清流公園のシンボルツリー!(pdf)2019/06/08掲載

黒川清流公園・湧水白濁、枯渇問題はこちらから。2019/07/01掲載

黒川清流公園のアマナとアマナの苞について調べてみました。(pdf)2018/09/24掲載

★ちょっと一息楽しい徒然雑記★
『なんでもコーナー』は
右です。

最新版『なんでもコーナー』はこちらから。

★なんでもコーナー供
(徒然雑記)

★なんでもコーナー機
(徒然雑記)

江戸時代の『黒川清流公園周辺想像画』、『黒川タンボの田植え作業風景』はこちら。

クマノミズキ。
2019/06/13撮影

数少ないムサシアブミ。
2019/04/16撮影

カキラン。
2019/06/13撮影

サワガニ。2018/8/02

カルガモ親子。2019/06/13

メダカ。2018/5/20

黒 川 清 流 公 園 徒 然 雑 記

黒川清流公園で観察したおもな野草

黒川清流公園で観察したおもな樹木

黒川清流公園で観察した
おもな野鳥その1


黒川清流公園で観察 した生き物

黒川清流公園で観察できる
おもな野鳥その2
特別コーナー『ひよどりの子育て』


動画『黒川清流公園湧水の流れ』
はこちら


動画『カルガモひとりっこ赤ちゃん』
はこちら(2015/7/10)


動画『大池で泳ぐコイとカモ』
はこちら

ドラミングするアオゲラ3/24

越冬するムラサキシジミ1/11

ヒレンジャク。'13/3/23

黒 川 清 流 公 園 徒 然 雑 記

日野市唯一の水源をもつ一級河川:程久保川の手作り《てくてくマップ(pdf)》です。
プリントアウトしてご使用ください。2018/09月作成、2019/01/30掲載、

★豊田用水と湧水を歩きませんか
(Google版に入れます)


★Google版『豊田用水と湧水を
歩きませんか』はこちらから!


豊田用水にかかるレンガの橋

動画『向島用水の水車』は
こちら。

★メールはこちら★

日野市の水辺の花《ミクリ》ぜひ保護、保全を希望します。!!
なんでもコーナー 1-40 にも掲載しています。


プ ロ ロ ー グ
黒川清流公園のひとこまをご覧ください。『なんでもコーナー』もあります。


清水谷池のカワセミ。
(2014/06/02撮影)

      
                       
  
                  
 

清水谷池のアオサギ。
(2019/03/18撮影)

清水谷池のダイサギ。
(2019/03/09撮影)



五月〜六月は香りの強い花の時期です。


エゴノキの花。
(2014/05/14撮影)

      
                       
  
                  
 

ウノハナ。
(2019/05/09撮影)

ニセアカシア。
(2019/05/09撮影)


季節の始めは風媒花が多いですが5月〜6月は香りの強い花の時期になります。


黒川清流公園も5月になると香りの強い花達がさきはじめます。
風媒花は風がたよりですがこの時期の花達は強い香りを出して昆虫たちを誘い受粉させるためです。
梅雨の前のこの時期に開花させるのは湿度が高く空気が重くなり香りが漂っているからでしょうか。
ニセアカシア、エゴノキ、ウノハナ、テイカカズラ、スダジイ、クリ、クサギへと続きます。

(2019/05/09記)




黒川清流公園の樹木&野草

詳しくは『黒川清流公園で観察したおもな野草&樹木』をご覧ください。

エゴノキの花。('18/05/04)

センニンソウ。
('18/09/12)

オトコヨウゾメ、('19/04/18)

下向きの花エゴノキが開花しました。香りの強い花です。センニンソウは林縁に咲きます。
オトコヨウゾメは低木で白い花をつけます。貴重な木。

ギンラン。('18/04/16)

キンラン。('18/04/16)

キランソウ。('19/04/18)

ギンランを発見!崖線上。黒川清流公園で初めて見つけました。
キンランは黒川清流公園に沢山あります。
キランソウが地べたにはりついて咲いています。

ツリブネソウ。('18/10/08)

ジュウニヒトエ。
('19/04/18)

ヒメオウギスイセン。('19/07/18)

わきみず池周辺にはツリブネソウの群落があります。ジュウニヒトエの花です。
わきみず池周辺にヒメオウギスイセンが増えています。オレンジ色の綺麗な花ですが外来種です。

ナルコユリの花。('18/05/04)

ヤマユリ。('19/07/18)

アキチョウジの青い花。
('18/10/21)

ユリ科で仲間のホウチャクソウの後に咲きます。
ヤマユリが咲きました。林床のアズマネザサなどが刈られて日照も良くなり沢山咲きました。
アキノタムラソウに似ていますがアキチョウジの青い花です。



黒川清流公園・冬の野鳥たち(2014〜2016撮影)

詳しくは『黒川清流公園で観察したおもな野鳥』をご覧ください。

やぶでエサをさがすシジュウカラ
(17/2/13)

落葉の中のヤマガラ。
( 2017/03/10)

キジバトのツガイ。
(19/01/05)

シジュウカラは黒川清流公園で日常的に観察できます。
エナガなどと群をつくって行動します。
ヤマガラが地上にいるのは珍しい!
キセキレイは流れの中で餌を見つける姿が見られますが、これは落葉の中。



ドラミングするコゲラ。
(2017/03/18)

マルガモの♂。
(2017/6/05)

アトリの♂と♀。
(2017/03/10)

黒川清流公園の小さいキツツキ・コゲラです。
マルガモとは俗称でマガモとカルガモの混血種です。昨年からわきみず池にいます。
数十羽でアトリが飛来した時の♂と♀。



黒川清流公園の生き物たち

ツクツクホウシ。('17/09/09撮影)

ミンミンゼミ。('17/08/13撮影)

テントウミシと脱け殻。
('17/08/13撮影)

八月の黒川清流公園の森は蝉しぐれで賑やかです。
蝉の脱け殻も遊歩道脇で沢山見つけることができます。
ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクホウシ、の鳴き声が多くヒグラシの鳴き声はあまりきこえません。


カラスアゲハ。('17/08/13撮影)

ラミーカミキリ。('19/07/18撮影)

スズメバチとカナブン。
('17/07/06撮影)

カラスアゲハは湿地で吸水しているのをよくみかけます。
カラスアゲハがクサギの花に吸蜜にきています。花にたからず飛びながら蜜を飲んでいます。
羽を細かく動かしてしているので羽の部分が鮮明に写っていません。
ラミーカミキリを始めて黒川清流公園で観察しました。江戸時代中国から入ってきた昆虫です。
今までは関東以西で生存していましたが生存区域が北上してきてることがわかります。
梅雨あけ前ですがクヌギの樹液を飲みにスズメバチとカナブンがやってきました。


コクワガタ。
('17/06/16)

アオバハゴロモ。
('16/09/30)

ヤマトタマムシ。
('17/07/06)

子供たちが大好きなコクワガタもお目見えです。
薄緑色の木の葉のような綺麗な成虫です。
カメムシ目アオバハゴロモ科のこんちゅうです。
青葉羽衣アオバハゴロモとは素敵な名前ですが一部の植物に
は害虫とのことです。
美しいヤマトタマムシには出会うことが少なくなりました。


ヌマエビ
(8/15撮影)

卵を抱えたサワガニ
(8/5撮影)

アオダイショウ脱け殻
(2016/9/13撮影)

子供達が黒川清流に住む淡水エビを10匹ほど捕まえました。
多分放されたヌマエビです。昔からのヌカエビ・スジエビが黒川清流公園に生存しているかは不明です。
最近はザリガニよりエビのほうが多く捕えられます。
黒川清流公園の湧水の流れにはサワガニもいます。卵を抱えたサワガニも子供達に捕まってしまいました。
蛇を見る機会がありませんがアオダイショウの脱皮の脱け殻を見つけました。



黒川清流公園には多く人達が訪れます。

春の遠足の子供達
(’14/4/27撮影)

水遊びを楽しむ子供達
('17/7/13撮影)

初冬の雑木林の子供達
('16/12/08撮影)

春の遠足シーズンには子供達が沢山おとずれます。
夏には子供達の水遊びが見られます。
落ち葉が積もった雑木林に子供たちの元気な声が響いています。



黒川清流公園のどこかにあるよ!!
探してみよう。遊歩道から見えるよ!!(2015/03/28記,2017/02/01追記)

ヽの化石!?(2015/3/4)

猿がいるよ!!(2013/03/08)

L擇某阿あったよ。(2015/12/09)

いい里靴掘?(2017/03/12)

ゥ襦璽廚靴浸沺(2017/02/01)

女性を連想。(2016/03/02)
黒川清流公園ですべて見ることができます。ヽの化石のような樹遠くから見ると猿の姿に見える樹
今迄気がつきませんでしたがエゴの木に唇があるのを見つけました。くちづけできそうな形です。
ぅぅ離轡靴妨えませんか?セ泙グルット一回りループになりました。女性を連想しましたが?

(2015/3/28記)(2017/02/01追記)


☆ここからTOPにもどれます。☆



黒 川 清 流 公 園 徒 然 雑 記 《な ん で も コ ー ナ ー》

特集!日野市立第七小学校作品展から日野市の雑木林を考える。
日野市の緑を次世代に引き継ぐために・・・・
(2018/04/20記)



懐かしい少年時代の秘密基地(ジャングル基地)の想い出。


今の若い方々はご存知ないとおもいますが戦後まもなくアメリカからターザンの映画が入ってきました。
小説を映画化したものでターザンとはアフリカのジャングルで類人猿に育てられた野生児で
ジャングルに入ってきた悪徳文明人と戦いジャングルを守る冒険ストーリーの映画です。
オリンピック・金メダリスト水泳選手のワイズミューラーが出演するなど当時も話題の多い作品でした。
  このターザン映画の影響か日本では山川惣治がジャングルで動物達と活躍する夢ありスリルあり
の少年を描いた『少年王者』を発表し、後に絵物語の単行本にもなりました。
映画ターザンと絵物語『少年王者』は当時の少年達の圧倒的な人気でジャングルの基地は子供達の夢や
希望でした。
小学生だった私達も山の木の上に丸太や板、枝葉、草、縄で秘密基地を作り、一日中木の上で過ごし
「ターザンごっこ」をして遊んでいました。


秘密基地(ジャングル基地)に出会ったのです。・・・日野市立第7小学校作品展(2015/11/20)


2015年11月14日、孫が日野市立第7小学校に入学し作品展があるとのことで見学にいきました。
講堂で一年〜六年までの作品が展示されていましたが、どの学年の作品も私が子供の頃には考えられない
出来栄えで感嘆しました。その中で一番関心をひかれたのが六年性の作品、「秘密基地」でした。
枯枝、樹皮、木の葉、など雑木林にある素材を使って製作されたものでした。
 半世紀以上昔の少年時代の秘密基地(ジャングル基地)が走馬塔のように思い出されて、今も昔も変わらず子供達
の胸の中は熱い夢や希望が感じられました。
カメラを持たずに行ったので写真を撮れませんでしたが後日も記憶に残りました。
その後しばらくして私も係わっていた日野市環境情報センターの運営委員会がありましたので感想を述べました。
議事録にはごく短く纏められた発言の一部ですが・下記が載っています。
『このセンターの構想とは別の話になるが、どうやって緑と水を守るかを考えるときの参考になる事例があった。
第七小の子ども達の作品展で見たが、6年生の作品で木の葉や枝を使った森の基地としての木の上の家があった。
これは都市の雑木林をどう生かしていくかという点でヒントを与えてくれる。
これからは日野市の財産である環境と産業振興とがコラボして収入に貢献する発想が必要ではないかと考える。』



*2015/11/20の作品展写真は後日、担当された先生から提供をうけました。ありがとうございました。
*2017/11/17の作品展スライドショーの写真は私が見学撮影したものです。


日野市立第七小学校作品展・6年生製作《秘密基地》・・2015/11/20。

スライドショー・日野市立第七小学校作品展・6年生製作《ここは、僕らの秘密基地》・・2017/11/17。


日野市は水と緑の郷。
日野市の雑木林を次世代に残すために、学校現場と雑木林管理のコラボが理想!
雑木林は子供達の環境学習の場、五感を育てる絶好の場!



その後、秘密基地の作品製作を指導担当された先生と話をする機会がありました。
良きご指導を得て素晴らしい作品が生まれていますが、製作にあたって材料、素材を確保するのに
ご苦労されているようでした。
2015年の作品展は茨城県の方から材料、素材を取り寄せたとのことでした。2017年の作品展は自校の
イチョウの木からなんとか材料を調達したそうです。
日野市では雑木林ボランティア講座が継続的に実施され成果が生まれています。
雑木林の管理に係わる人や団体が増えつつあります。
雑木林の管理では下刈り、剪定、萌芽更新などで木の葉、枝などが生まれ、それらが地元で有効利用
できれば地元の素材材料から素晴らしい作品がうまれます。
子供達に日野市の素材、材料を使わせてあげたいと想います。
 このことは子供達の環境学習にも、今後の雑木林をどのように生かし、緑を残していくかを考える
ヒントがあるようです。

(2018/04/20記)





日野市豊田の湧水に咲くミクリが岐路!区画整理で水路掛け替え工事がすすんでいます。
昨年移植したミクリは根づき白い綺麗な花を沢山咲かせ水路に映えています。
『湧水の里』『ミクリの里』として後世に残したいですね。
(2019/06/15記)

豊田南区域区画整理でミクリが残る清水堀の水路変更工事が始まりました。

水路工事が進む、右が新水路、
左の緑は今までの水路。

2019/05/18撮影

新しい水路に切替えられた。

2019/06/08撮影

下流でも水路切替え工事が進む。

2019/06/08撮影


日野市豊田は湧水に恵まれ今でも自宅に掘り抜き井戸がある家が少なくありません。
都水道を引かず湧水だけで生活されているお屋敷もあります。豊田は『湧水の里』です。
この清水で人々の生活と一緒に生息してきた植物がミクリです。
『湧水の里』は『ミクリの里』でもあります。。
ミクリは日野市でも数カ所しか生息しておらず東京都の準絶滅危惧種に指定されている貴重な植物です。
今、この地区の区画整理がすすみミクリが生息する水路が替えられミクリが岐路にたたされています。

今後の工事が計画されている下流の水路(清水堀)には今年もミクリが沢山さきました。

昔からの水路に残るミクリ。

2019/06/08撮影

昔からの水路に咲くミクリ。

2019/06/08撮影

昔からの水路に咲くミクリ。

2019/06/08撮影


上記の工事が進んでいる場所より下流の昔からの水路(清水堀)にはまだミクリが沢山残っています。
今年も沢山白い花をつけました。
ミクリは栗のイガに似ているので名前がつけられましたが、秋になると本当に栗のイガに似た茶色の
実をつけます。
写真の場所にはまだ沢山ミクリが残っています。
区画整理後の水路にも生育できる場所を設ける、他の水路、水辺などに移植されることを望みます。

移植された図書館下の湧水路では移植が成功しミクリが沢山咲きました。

移植保護の標識。

2019/04/21撮影

移植された水路のミクリ。

2019/06/08撮影

移植が成功し咲いたミクリ。

2019/06/08撮影


貴重な植物ミクリは東京都と日野市の協力で移植も行われています。
昨年移植されたミクリが根づき今年は水路の水に映え白い花が沢山咲きました。
まだ一部の移植ですが、豊田の『ミクリの里』が後世に残るよう移植計画をつくりぜひミクリの
保護、保全を今後も続けてほしいと思います。

(2019/06/15記)






日野市の水辺の花《ミクリ》ぜひ保護、保全を希望します。!!
なんでもコーナー 1-40 にも掲載しています。


この花を見たことありますか?五月下旬頃が花の見ごろです。水中、水辺の花ミクリです。
国、東京都の準絶滅危惧種になっています。ぜひ保護、保全を希望します。!!
( 2014/06/04) (2017/05/03加筆再掲載)(2019/04/19再掲載)

ミクリの花
(05/26撮影)

ミクリの花拡大写真
(05/26撮影)

熟れる直前のミクリ。
(09/30撮影)

イガ栗のようなミクリの実。
(09/30撮影)

ミクリが咲く湧水の流れ
(06/04撮影)

下流のミクリが咲く湧水の流れ
(06/04撮影)

日野市豊田の豊田用水、湧水の流れの中でミクリが確認できるのはこの流れだけです。
ミクリは浅い水中に生え、果実の形がクリのイガににているので名づけられました。
昔は日野、豊田にも沢山あったようですが今は国、東京都の準絶滅危惧種に
なっている貴重な植物です。
生存している場所は区画整理中の区域で水路も変更される計画のようです。
今ならばまだ保護、保全が可能です。貴重な植物をぜひ後世に残すため日野市の
関係部署でぜひ検討してほしいものです。
区画整理は歴史遺産、自然遺産などに配慮して実施してほしいです。
「日野市の水辺の花」として残せればいいのですが・・・・

(2017/05/03追記)

追記)今年のミクリ状況を先日湧水の流れで確認したところ
水路清掃の時、茎が伐られたようで今年花がつくか心配されます。(2017/5/18記)

追記)昨年、一昨年より少なめですが花をつけているミクリを確認しました。(2017/6/02記)


ミクリが自生する湧水の流れ

豊田駅南、清水掘ともいわれる小さな湧水の流れ,
地図のグリーンの部分で見ることができます。




清水谷池、山王下に咲く皐月の花たち。
(2019/05/19記)

清水谷池の満開のエゴノキ。
(2019/05/18撮影)

北斗七星を思わせる
水面のエゴの花。
(2019/05/18撮影)

水辺のコジュズスゲ。
(2019/05/18撮影)

清水谷池〜山王下のコバンソウ。
(2019/05/18撮影)

山王下公園のキショウブ。
(2019/05/18撮影)

満開のサワフタギ。
(2019/05/18撮影)

清水谷池〜山王下公園のこの月(皐月)に咲いている花たちです。
掲載していませんがテイカカズラ、ネジキの花がみられます。


黒川清流公園のウラシマソウ開花・・ようやく観察できました。
(2019/04/18記)

開花したウラシマソウ。
(2019/04/18撮影)

開花したウラシマソウ。
(2019/04/18撮影)

今年は咲かないウラシマソウ。
(2019/04/18撮影)

黒川清流公園ではウラシマソウを今まで確認することができませんでした。
昨年開花時期を過ぎた株があるのを見つけました。仏炎包や釣り糸状の紐(付属体)は枯れていましたが
ウラシマソウであることは確認できました。場所を記録しておきました。
今年同じ場所で生存と開花を確認しました。貴重な野草なのでなんとか生き続けてほしいと思います。

(2019/04/18撮影/記)




昨年の台風24号25号(暴風)が大暴れした折木の片付けが今も続いています。


昨年の台風24号25号が大暴れして黒川清流公園の樹木も大変被害を蒙りました。
根こそぎ倒れた木や太い枝や枯枝が落下したり後の清掃、整理、管理が大変でした。まだ全て終わっていません。
今も樹上には多くの折れた枝が引っかかって残されています。
折れた枝が落下すると危険ですので今も撤去するため高所作業が続いています。
健全な雑木林を維持するんことの大変さがわかります。

(2019/03/18撮影)(2019/04/03記)




珍しくカワウが清水谷池に飛来しました。(2019/02/22撮影02/23記)

      
                       
  
                  
 

珍しくカワウが清水谷池に飛来しました。(2019/02/23撮影)
黒川清流公園にカワウが飛来するのは珍しく数年ぶりです。浅川では大群のカワウが観察できますが、
黒川清流公園で観察する時はいつも一羽です。獲物を求めて繰り返し水中に潜っていました。

(2019/02/23記)



冬の黒川清流公園クヌギの樹皮の中で越冬しているクヌギカメムシの卵をみつけました。
(2019/02/23記)(2019/03/02孵化写真追加)

クヌギカメムシ卵
(2019/02/16撮影)

孵化する幼虫。
(2019/03/02撮影)

クヌギカメムシ。
(2018/04/16撮影)


昆虫たちは寒い冬を色々な姿で越冬しています。クヌギカメムシはクヌギの樹皮の中で卵で越冬します。
クヌギカメムシの生態はとてもユニークです。卵はゼリー状の液の中に列状に産み付けられます。
ゼリーに覆われて卵が呼吸できませんので3本の呼吸管が卵についています。
卵から孵化すると幼虫は葉が出るまではゼリーを食して大きくなります。

(2019/02/23記)(2019/03/02孵化写真追加)



シャンソン《Comme un Petil coquelicot・・・ひなげしのように》
情熱歌人 与謝野晶子、今年は生誕140年!
シャンソンに歌われた花や植物 そのァ
(2019/01/15記)

《Comme un Petil coquelicot・・・ひなげしのように》

ドラマはひなげしの咲く
麦畑からはじまる。

シャンソン「ひなげしのように」
楽譜。

我が家近くに咲くひなげしは
赤い色でなくオレンジ色。


シャンソン《Comme un Petil coquelicot・・・ひなげしのように》は作詞 レイモン、アッソRaymund Asso
 作曲 クロード、ヴァレリー Cloude Valeryで1951年に作られました。レイモン、アッソは苦しい時の
エディット、ピアフを支えことでも知られピアフの詞も書いているそうです。
1952年にムルージ Mouloudjiによって唄われ大ヒットしました。語りかけるような自分に問いかけるような曲です。
シャンソンは3分間のドラマと言われますがまさにそんな曲で、日の光が輝く麦畑、脇には赤いひなげしが咲く麦畑
での匂うような乙女の愛と死。ウィンナワルツを踊りたくなるような3拍子の軽快な曲からはドラマティックな
悲しい結末が想像できませんでした。
”ひなげし”は雛罌粟、虞美人草、ポピー、アマポーラなどの名前で多くの人に愛されています。
虞美人草の虞は紀元前約200年秦末期に生きた楚の国の武将、項羽の愛姫からきています。
漢の武将・劉邦との戦いに破れ項羽、虞とも自害し悲しい結末が詩にも詠われています。
四面楚歌の言葉はこの戦いで生まれました。

《与謝野晶子と coquelicot・・ひなげし》
『ああ皐月 仏蘭西の野は 火の色す、君も雛罌粟(コクリコ)我も雛罌粟(コクリコ)』

〕深嫐酖幹粥粉押法⊂住夘弸福
鞍馬寺所蔵写真。

⇒深嫐酩弸
NHK放送のテレビイメージ画面。

K〇娉浩瑤望ってある
かごに乗る与謝野晶子の写真。


『ああ皐月 仏蘭西の野は 火の色す、君も雛罌粟(コクリコ)我も雛罌粟(コクリコ)』
有名な与謝野晶子(1878〜1942)の短歌です。パリに学ぶ夫・寛に会うため長い船旅をやめ
短日で行けたシベリア鉄道でパリに向かいました。
夫に再会しパリ郊外の、一面に真っ赤に咲く”ひなげし(コクリコ)”の中の二人。
まさに燃えるような情熱の歌人らしい短歌です。
今年は晶子生誕140年です。出生地・堺市では新品種の桜が作られ『与謝野晶子』と
命名され終焉の地、杉並区の与謝野公園にも植樹されました。花の色は濃紅色です。

法師温泉の写真は15年位前、三国峠〜猿ヶ京温泉まで三国街道を歩いた時宿泊した、
法師温泉・長寿館にかざってあった写真です。
晶子は北海道から九州まで沢山の温泉地を訪ねています。
法師温泉は上原謙と高峰三枝子のフルムーンの写真で有名でした。夏目雅子もしばらく前に
宿泊したとのこと。温泉は浴槽の足のしたから湧き出るいい温泉です。
三国街道は今は人も歩きませんが戊辰戦争の跡、茶屋の跡などがあり、猿の群れが出没して
いました。

情熱歌人には柳原白蓮(1885〜1967)がいます。
与謝野晶子より7歳若いですが明治、大正、昭和をドラマティックに生きた女性です。
最近もNHKの朝ドラ『花子とアン』2014年放映が高い視聴率をあげ、白蓮の役を
仲間由紀恵が好演していました。
白蓮は日野市からも近い相模湖南・石老山・顕教寺に眠っています。


(2019/01/15記)




ヒマラヤの青いケシを見てきました。
箱根湿生花園でヒマラヤの青いケシ展をやっているので見てきました。
本当はヒマラヤトレッキングをして自生の
青いケシを見るのが本望ですが,できないことなので箱根に出かけました。
青色の花の野草はあまりありませんがヒマラヤの青いケシは有名です。
ケシ科ソコノブシス属の野草で美しく神秘的な青色の花は一見の価値があります。
ネパール、ブータン、中国などヒマラヤ周辺標高3000〜5000mの地域に
自生しています。

(2019/05/05記)



晩秋の黒川清流公園で観察した昆虫たち。
背中に白いハートが目立つエサキモンキツノカメムシは子育てをします。 <2018/12/01記
>

.┘汽モンキツノカメムシ。
背中に白いハートのマーク
(2018/11/10撮影)

⊃討ら離れて幼虫生活。
お腹の下で子供を育てます。
(野外観察図鑑・旺文社より)

フウセンカズラの種子。
白いハートのマーク
(2014/01/16撮影)

ぅ淵潺謄鵐肇ν鎮遏
(2018/11/27撮影)

ゥ淵潺謄鵐肇成虫。
(2018/11/27撮影)

Εアシナガバチ。
(2018/11/10撮影)

Д▲ノタムラソウとキチョウ。
(2018/11/27撮影)

┘▲ノタムラソウとキチョウ。
(2018/11/27撮影)

ハラビロカミキリ。
(2018/11/10撮影)


秋も深まり昆虫たちとの出会いも少なくなりましたがジョロウグモはまだ巣をはっていました。
黒川清流公園ではじめてエサキモンキツノカメムシにであいました。
エサキモンキツノカメムシは背中に白いハートのマークがあるのですぐわかります。
フウセンカズラの種子も白いハートのマークがあります。
カメムシの仲間は子育てをし,巣立ちまで自分の子供を育てるそうです。
エサキモンキツノカメムシは子育てをする代表的なカメムシのようです。
今回はクヌギの幹を歩いているのをみつけました。残念ながら子育て中の姿は見られ
ませんでした。子育て(巣立ち)の写真は上記の図鑑からのものです。
ハラビロカマキリは雑木林の樹の梢や葉で生活することが多いカマキリです。
キアシナガバチは黒川清流公園でも時々であいます。数年前我が家のガレージに大きな巣を作られ
退治するのが大変でした。

*キアシナガバチについては なんでもコーナー供88に掲載していますのでご覧ください。
*フウセンカズラについては なんでもコーナー機33に掲載していますのでご覧ください。

(2018/12/01記)



シャンソン『バラ色の桜と白いりんごの花』(Cerisier rose et pommier blanc)
シャンソンで歌われる花々(植物)そのぁ2018/11/10記)

黒川清流公園の桜ソメイヨシノ。

『バラ色の桜と白いりんごの花』
(Cerisier rose et pommier blanc)の楽譜。

S農園のリンゴ畑と
津軽富士(岩木山)

黒川清流公園に咲く桜:ソメイヨシノです。黒川清流公園には6種の桜があります。
右写真はS農園のリンゴ畑です。雪をかぶった岩木山(津軽富士)が写っています。
我が家は年間契約で津軽のS農園からリンゴと米を取り寄せています。
このリンゴ畑でとれたリンゴをいつも美味しくいただいています。
岩木山には10年前に岩木神社から直登でのぼりました。快晴の夏の日、頂上で
トンボが沢山飛んでいるのを見て秋の気配を感じたのも思い出になっています。

イヴェット・ジロー

ペレス・プラード

シャンソン『バラ色の桜と白いりんごの花』(Cerisier rose et pommier blanc)

『バラ色の桜と白いりんごの花』は1950年Louguy(ルイギ)が作曲したシャンソンの名曲でアンドレ・クラボーや
イヴェットジローが歌ってヒットしました。私がこの曲を知ったのはイヴェットジローの歌でした。
その後、越路吹雪が歌い岩谷時子の訳詞が曲の内容に相応しく日本でも多くの人に歌われるようになりました。
私も結婚式で歌ったこともありました。

この曲をなによりも知らしめたのがペレス・プラードが1955年映画『海底の黄金(Under water)』の主題曲
としてマンボのリズムにアレンジした『セレソ・ローサ』がミリオンセラーの空前の大ヒットになり、この曲
が世界的に知れわたることになりました。映画では主演女優ジェーン・ラッセルが踊る場面で使用されますが
今はソシアルダンスでチャチャチャのリズムで踊られています。
ジェーン・ラッセルはマリリン・モンローと競演した『紳士は金髪がお好き』でも知られています。
岩谷時子の訳詞、越路吹雪・唄の歌詞を下欄に掲載しました。

*シャンソンで歌われる花々(植物)については なんでもコーナー2-87『すみれの花咲く頃』、2-91『パリの屋根の下』
*TOPのなんでもコーナー『さくらんぼの実る頃』を掲載しています。


*マリリン・モンローについては本ホームページの表紙の『なんでもコーナー』でも掲載しています。

(2018/11/10記)



バラ色の桜と白いりんごの花
(Cerisier rose et pommier blanc)
バラ色の桜と白いりんごの花 作曲:ルイギ(Louiguy) 訳詞:岩谷時子

あの子と ただ二人 石けりをしては 遊んだ懐かしい春の日
あの子の庭さきには 桜がバラ色 リンゴの花びらもゆれてた
桜の花とリンゴの花は風に吹かれて絡んで離れ
ためらいながら 口づけをする 二人でそれを見ていた
あの子と木に登って 真似してキスした
二人はまだ十五の春の日 ノーン ノーン 誰でもいつかはそんなことをしたの ノーン ノーン
誰でも若くてきれいな時にはね

あの子と遊びながら 抱きしめてみたら 娘らしいしぐさで甘えた
うぶな男の腕に支えれれながら 教会へ向かうのは あの子さ
桜が咲いてリンゴが咲いて 二人はいつか大人になって
そしてこうして結ばれたのさ 鐘が鳴りますカンコン
桜はバラ色に 優しくゆれるよ リンゴの花も白くゆれるよ
二人はやがて歌う ゆりかごを中に リンゴと桜のうた 歌うよ。




台風24号25が大暴れ!強風で倒木多数!!
(2018/09/12記)


今年は強い台風が多く発生しています。10月に入ってからも24号、25号と立て続けに大きな被害を受けました。
特に24号の強風は八王子で最大瞬間風速45.6m(時速164km)を記録したそうです。
二つの強力台風、特に暴風、強風で黒川清流公園の樹木が多数倒れてしまいました。
幹が折れたのも多いですが枯枝、小枝など大量に落下しています。落下せず木に引っかかっている枝も多数
ありますので注意が必要です。

(2018/10/08記)


どちらも赤い!ヒガンバナとタマゴタケ。
(2018/09/12記)


_燭量詫諭
(2018/09/12撮影)

⊃緤佞離劵ンバナ。
(2018/09/12撮影)

9版髻白い花は何だ?
(2018/09/12撮影)

秋の代表的な花ヒガンバナが咲きました。,録疹紊ら見るとこんな模様です。
黒川湧水の流れに咲くヒガンバナです。
別名”葉見ず花見ず”のように花が咲いている時は葉がありません。花が終わると葉が出てきます。
9版鬚硫屬砲覆蠅泙靴拭G鬚げ屬魯筌屮潺腑Εです

タマゴタケ一つ。
(2018/09/20撮影)

タマゴタケ二つ。
(2018/09/12撮影))

タマゴタケ三つ。
(2018/09/12撮影)

まるでトマトのような赤い光沢があるキノコです、見たところ毒キノコのような気がしますが食べられます。
タマゴタケと言うキノコで白いタマゴのような殻を破って出てきます。キノコの柄の下に脱ぎ捨てた
白いタマゴの殻のようなものが写っています。
広葉樹林に出ますが黒川清流公園で小群落で生えているのを見たのは初めてです。

(2018/09/12記)




俺たちは肉食系、体は小さいけれど黒川の森のハンターさ!
俺たちに狙われたら逃げられないぞ!(2018/07/20記)


オオイシアブ。
(2018/05/21撮影)

シオヤアブ。
(2016/07/17撮影)

シマサシガメ。
(2016/06/14撮影)

拡大。
(2018/05/21撮影)

拡大。
(2016/07/17撮影)

拡大。
(2016/06/14撮影)

オオイシアブ(ムシヒキアブ科)
大きさ15〜26mm。林縁の日当たり
の良い植物、地面などにとまって
いる。5〜6月、小形のハムシなど昆虫
を捕らえて体液を吸う。

シオヤアブ(ムシヒキアブ科)
大きさ23〜30mm活動期は6〜9月
シオヤアブの狩りは飛んでいる昆虫
を背後から襲う奇襲戦法。
動体視力や飛翔能力が優れた昆虫
です。捕らえて体液を吸います。

シマサシガメ(サシガメ科)
大きさ13〜16mmチョウやガなどの
幼虫(芋虫、毛虫)などを捕らえ
口吻を刺して体液を吸う。

(2018/07/20記)




シャンソン《さくらんぼの実る頃》は歌、文学、歴史・・・・色々と考えさせられます。
シャンソンに歌われた植物 その3。
(2018/6/23記)


LE TEMPS DES CERISES さくらんぼの実る頃

日本は花
黒川清流公園のサクラ。

シャンソン「サクランボの実る頃」
フランス語楽譜。

フランスは花より果実
(写真は日本のサクランボ)

歌手コラ、ボケール。

パリコミューン(1871年5月)

歌手イブモンタン。

大仏次郎著「パリ燃ゆ」

パリコミューン戦士の記念碑。

船山馨著「蘆火野」。

日本ではサクラと言えば花見ですがフランスでは花見より食するサクランボです。
サクランボの季節になると今でも多くの人達にこの歌が歌われています。
曲はBクレマンが作詞し歌手のアントワーヌ、ルナールが曲をつけ1866年に発表されたシャンソンとしては
古い曲です。3節からなる儚い恋や別れを歌ったものでした。
1871年パリコミューンが起こります。普仏戦争(フランスとプロイセン)でフランスは敗北し臨時政府が作られますが
売国的な政府にパリの市民、労働者が決起し自治政府を作りパリを支配します。3〜5月やく2ヶ月支配しますが
プロイセンの支援もある売国的な政府軍(ベルサイユ軍)に弾圧、虐殺、鎮圧されます。
5/21〜5/28の一週間は《血の一週間》と言われる激戦でベール、ラジュース墓地での147人連盟兵が銃殺され
パリコミューンは終わります。
クレマンはコミューンの一員として戦っている時、戦場で手提げにサクランボをいれた看護婦ルイーズが野戦病院を
かけめぐり負傷兵を助ける姿に感動します。
一命を得たクレマンは戦後ルイーズとの再会を望みますがルイーズは戦いのなかで命を
落としたのでした。ルイーズとの再会を果たせなかったクレマンは、その後 この歌の第4節を作りルイーズに
捧げました。

さくらんぼの実る頃になるとフランスの人たち、パリの人たちは
パリコミューンで犠牲になった人たちを偲んでこの歌を口ずさむのです。
そして、サクランボの季節も終わり7月14日になるとフランスでは革命記念日
を祝い日本ではパリ祭としてシャンソンのイベントがあちこちで催されます。
《サクランボの実る頃》はコラボケール、イブモンタンなどが歌っていますが
私はイブモンタンとキーが同じなのでカラオケの時は原曲キーで歌います。
シャンソンの中で私の一番好きな曲です。

日本でパリコミューンを題材にした本を2冊あげます。
大仏次郎著の『パリ燃ゆ』これはもう学術研究書といえる長編の力作、大作です。
私のお薦めは船山馨著の『蘆火野』です。戊辰戦争最後の激戦地、函館とパリコミューン激戦の地パリを舞台に
日本で最初のフランス料理店を開くため修業する若き夫婦の波瀾万丈壮大な物語です。
船山馨は私の最も好きな作家です。
小説の文中にいつか日本で開く店の名前を《雪河亭》にしようと言うくだりがありますが、現実に今函館には有名な
レストラン五島軒にレストラン《雪河亭》が存在し、『蘆火野』のモデルの店として知られています。




宮崎駿監督のアニメ映画『紅の豚』をご覧になった方も多いと思います。
この映画の主題歌に使われたのが《サクランボの実る頃》で加藤登紀子が歌っています。







*船山馨についてはこのホームページ「なんでもコーナー機治械后塲修簀縮未剖縮がありますか》でも
紹介していますのでご覧下さい。
*シャンソンに歌われる植物ついてもこのホームページ「なんでもコーナー供87」に『スミレの花咲く頃』
供91に『パリの屋根の下』として掲載していますのでご覧下さい。 、

(2018/06/23記)





《続》新緑がまぶしい季節、こんな虫たちに出会いました。
(2018/06/05記)


マドガ。
(2018/05/21)

シマサシガメ。
(2018/05/20)

体液を吸うオオイシアブ。
(2018/05/21)

前回に引き続き黒川清流公園でであった小さな昆虫たちに登場してもらいました。
小さく綺麗な蝶にみえますが蛾の仲間です。綺麗な色をしています。
オオイシアブは肉食の昆虫です。なかなか見るチャンスがなかったのですが、ようやく出会いました。
ハムシのような小さな虫を捕らえ体液を吸っています。

(2018/06/05記)





黒川清流公園新緑の春!最も気持ちよい季節です。
新緑がまぶしい季節、こんな虫たちに出会いました。
(2018/05/20記)


キイロテントウ。
(2018/04/21撮影)

ルリハムシ。
(2018/04/12撮影)

シロホシテントウ。
(2018/04/09撮影)

オオヒメハナカミキリ。
(2018/04/16撮影)

クヌギカメムシ。
(2018/04/16撮影)

チャバネフユエダシャク幼虫。
(2018/04/09撮影)

黒川清流公園の新緑の時期は季節の中でも最も美しく気持ち良い時です。
芽生えたばかりの新しい葉は光り輝き、柔らかそうで人間の眼にも食べられそうな感じがします。
虫たちが葉を食べたり葉の液を吸いに集まってくるのは当然です。
そんな虫たちの成虫や幼虫に出会いました。

(2018/05/20記)





マムシグサ三兄弟に登場してもらいました。
(2018/05/04記)


黒川清流公園代表・ムサシアブミ
(2018/04/21撮影)

谷仲山緑地代表・ウラシマソウ
(2018/03/30撮影)

南平丘陵公園代表・マムシグサ
(2018/04/22撮影)

《マムシになかなか出会えませんので最近、高尾山で撮影したシマヘビに登場してもらいました。(2018/04/04撮影)》
日野市の中でも生態系豊かな黒川清流公園、谷仲山緑地、南平丘陵公園からサトイモ科の代表的な草本に登場してもらいました。
ムサシアブミ、ウラシマソウ、マムシグサの三兄弟はサトイモ科の仲間です。
マムシグサは雌雄異株、小さい時は雄、成長すると雌になる性転換すると言われています。
マムシグサの雄の仏炎苞の奥に入った虫は出られますが雌の仏炎苞の奥に入ると出口はありません。 、

(2018/05/04記)





ご存知ですか?日野市の沼。
『さいかち堰上流沼』・・・・・・沼の将来はどうあるべき?
そして川北用水、上村用水&サイカチの巨木のこと。
(2017/11/20記)


川北用水・・・用水確保の裏には行政の奮闘貢献が大!

川北用水は日野市の最も西部、八王子との境、JR中央線鉄橋付近の浅川河川敷から浅川伏流水を
ポンプ揚水して用水路に取水しています。
用水の歴史も古く江戸時代にはつくられて米作りに利用されていたと考えられています。
近代浅川の川底水位が下がり用水への自然取水や堰取水が不可能になり用水廃止の危機が迫りました。
現代、川北用水が年間通水が可能になった背景はどうだったのでしょうか。
廃止寸前の用水を救ったのは行政(日野市)の担当者の方々の多大な奮闘努力、粘り強い交渉が東京都
を動かしポンプ揚水を認めさせたのでした。行政の方々の貢献は記憶、記録したいとおもいます。
川北用水は浅川の上段を流れ『吊り堰』とも呼ばれ土木構造的にも珍しいといわれています。
浅川から直接取水していない上村用水にも分岐しています。
西平山を流れ最終的には平山橋上流の浅川左岸
で浅川に流入しています。
次項の『サイカチ堰上流沼』は川北用水の一部が窪地に流れ込んで近年にできた沼です。

(2017/11/20記)

川北用水・取水地
(揚水ポンプ制御盤)。
(2017/09/03撮影)

池の脇を流れる川北用水。
(2017/09/03撮影)

川北用水の下流・上村用水。
(2016/12/09撮影)

ご存知ですか?日野市の沼。
『さいかち堰上流沼』の写真です。(2016〜2017撮影)沼の将来はどうあるべき?

.汽ぅチ堰上流沼
(2017/09/03撮影)

▲汽ぅチ堰上流沼
(2017/09/03撮影)

サイカチ堰上流沼
(2017/09/03撮影)

ぅ汽ぅチ堰上流沼
(2017/09/03撮影)

ゥ汽ぅチ堰上流沼
(2017/09/03撮影)

Ε汽ぅチ堰上流沼
(2017/09/03撮影)

Дルガモの群。
(2017/09/03撮影)。

┘潺轡轡奪團▲ミミガメ。
(2017/09/03撮影)

カルガモとカメ。
(2017/09/03撮影)

台地から見たサイカチ堰上流沼
(2016/12/09撮影)


『さいかち堰上流沼』と言っても知らない人、見たこともない人が多いようです。
出かけて見ると沼には水鳥が浮かび冬には水鳥の数も多く楽園のようになっています。
沼は樹木の緑に囲まれ、池のすぐ脇には有名な巨木サイカチの木やオニグルミなどがあります。
浅川の堤防上からの眺めは素晴らしく風の流れも気持ちよいものです。
市制50周年記念事業『水辺50選』にも選ばれています。
前述しましたが『さいかち堰上流沼』は川北用水の水が窪地に流れ込み近年にできた沼です。
いつできたかも確定が難しく詳しいデーター等の資料はないようです。
沼と川北用水との関係、沼ができた経過、沼の大きさ深さ、生態系環境データー等々を調べ
沼の名前なども含め、今後の沼の将来像を明らかにしていく必要があると思います。

(2017/11/20記)

クズの蔓にからまれた
サイカチの大木。
(2017/09/03撮影)

サイカチの実が垂れ下がる。
(2017/09/03撮影)

サイカチに絡んだクズの花。
(2017/09/03撮影)


沼の名前がついた『サイカチの樹』・・・日野市でも貴重な巨木です。


沼のすぐ近くにサイカチの巨木があります。
水辺が好きな樹ですが数が少ないのでこれだけの巨木は日野市にとっても貴重な樹木です。
サイカチはマメ科の植物で樹径1m樹高20mにもなり当地のサイカチはまさに巨木です。
雌雄同株で雌花、雄花、良性花がつくのが特徴です。
花は5〜6月頃淡黄緑色の小さい花を咲かせます。
豆果のサヤ(20〜30僉砲涼罎砲惑算膺А黒褐色の種子が10〜25個入っています。
種子はサポニンを含み薬用としても使用されました。
名前の由来は漢薬名の西海子(さいかいし)がなまったものといわれています。
このあたりに堰を造り(遺構あり)かっては上村用水の取水口としたところです。
平成17年浅川堤防工事のため取水できなくなり現在の上村用水は川北用水を分岐した水が
流れています。

(2017/11/20記)



次回更新時に順次『なんでもコーナー供戮飽榮阿靴泙后

☆TOPにもどる☆

表紙のページはここで終わりです。



お知らせ

日頃HPをご覧いただきありがとうございます。
2016年4月1日より,前プロバイダーのHPサービス停止のため新しいプロバイダーにより新URLで公開の運びとなりました。
最近気づいたのですが黒川清流公園徒然雑記とGoogle検索すると『黒川清流公園徒然雑記・キャンパスシティー』なるものが掲載されています。
本ホームページとは全く関係ありません。今後も新しいURLのもとでHPを継続したいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。
URL   http://kurokawa.eco.coocan.jp/  (黒川清流公園徒然雑記)

(2016/08/04記)